2011年08月11日

はなこチャンス到来

パブリックコメントのチラシ作成しました。よろしければパブコメのお願いをするときに印刷してお使いください。

(8/18追記)パブリックコメント〆切直前バージョン
みんなでだそう!パブリックコメント(PDF形式:1MB) NEW!
★QRコードを追加しました。モニタ越しに読み取る場合、PDFを拡大しないと読み取れません。ごめんなさい。
「1分で完了!動物の法律改正パブリックコメント 携帯メールも可」のURLを追加しました。
★いろんなサイトを参考にし、一概に業者を批判するのはフェアじゃないなと考えましたので文章を私なりに変更しました。
★本当は1分でサクッとだしてしまうより、環境省の案を読んで、調べて、考えて、コツコツ書くというのがいいなと思います。
その理由は動物がおかれている過酷な現状を知るきっかけになり、たくさんの人がこれじゃあ、あんまりだ!改善しなきゃ!という風潮ができてくるといいなと思うからです。
でも、これまでまったく関心がなかった人が他人から書いて!とお願いされて書くにはパブコメってちょっとハードルが高いなとも思いますので、こういったフォームはすごくステキだと思います。
ちなみに私は自分で書いたのですが、はなこの仲間のうさぎが少しでも救われるように自分なりに考えて書きました。

下記は少し前のチラシです。ご自分で考えて書くためにとっても参考になるURLが紹介してあります。
(8/14追記)パブリックコメントのチラシ作成しました。


さて

もう、ホントいきなりで恐縮なのですが、おねがいがあるのです。

今日も はなこはいつもと変わらずペロンと横になってうつらうつらしているわけですが、きっとあの小さな頭の中は私から聞いたパブコメのことでいっぱいだと思います。

ちなみに私が はなこに話しかけると、はなこは耳をこちらへ傾け、じっと私を見つめます。その様子はどうにかして理解しようとしてくれてるように見え、キュンとします。

だから、「ピッチャーよくてもバッターが打ってくれないとね。」という はなこにとってどうでもいいような内容も はなこを見つめながら話しかけてはキュンキュンしています。

そういうわけで、いえ、まったくもって話がずれてしまったわけですが、おねがいとはパブコメを送ってほしいということなのです。

パブコメとはパブリックコメントの通称で、法律をつくったり変えたりするときにみんなの意見聞かせてっと行政が意見を募集することです。

今ちょうど、どうぶつ達の法律を見直すために意見募集中で、これは5年に1回のチャンスなのです。

前回はイヌもネコもウサギもどんどん繁殖させ、売れ残ったら殺しちゃおう!という業者にとって都合のよい意見が業者によって大量に送られ、そのとおりの法律になってしまいました。

なので、今回は業者ではない人がそんな業者たちに負けないくらいたくさんの意見を送らないとダメダメな法律のままになってしまいます。

意見は「○○してほしいです。理由は××です。」という1行でも問題ないですが、どうせなら雛形をつくってくれている方の文章をコピーし、それをベースに自分の意見を追加して送った方が早いですし、的をえたものになると思います。

「パブリックコメントについて」に雛形・送り先(メール・郵便・FAX)、背景など、も、ホントいい感じに1ページにまとめてありますので、ぜひご覧になってどうぞ送ってください。
(8/12追記)パブコメを出そう!4 「5分で出せる簡単パブコメ」にも簡潔なパブコメ例文あります。
(8/18追記)「1分で完了!動物の法律改正パブリックコメント 携帯メールも可」ビックリするほど簡単です。

ちなみに私も はなこの仲間たちのためにちょっとでもと思いワンニャンと暮らすご近所さんや友人に伝えるために私好みのチラシをつくりました。

この記事の頭にも貼り付けてありますが、念のため。
ファイルサイズでかいですが、よろしければパブコメのお願いをするときに印刷してお使いください。
みんなでだそう!パブリックコメント(PDF形式:1MB)
※きれいに印刷したい方はこちらをどうぞ。(内容は同じです。)
みんなでだそう!パブリックコメント(PDF形式:4MB)

★チラシ配布やパブコメ周知以外のご使用、チラシ内のイラストを無断で使用するのはダメです。

posted by リイコ at 16:58| 愛知 ☁| Comment(19) | TrackBack(0) | どうぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

どうぶつ

私はうちのうさぎのはなこがとっても好きなのです。

だからなのかな、ごく自然に はなこの仲間たちのことも大切だと思っています。 しかも欲張りなことにワンニャンだってその他のどうぶつだって大切にしたいなと思っています。

はなこの下からすくっと見上げる、私の大好きなあの真っすぐなまなざしを どのどうぶつにも感じてしまうからなのかもしれません。

ところが、実際は はなこの仲間たちもワンニャンも他のどうぶつも その多くがとってもとっても苦しみ、そして死んでいます。
なので私は自分のできる範囲で彼らの苦しみに加担しない生活をこころがけています。 (既にそんな方はとってもたくさんいるのですけどね。)

というわけで、そんな生活をたんたんと書いていこうと、ふふふ・・ふやしちゃいました!
「どうぶつ」カテゴリを。

わわ!あたしもなの!という方がぽつぽつとでもいてくれたらうれしいなと思います。

女優 杉本彩さんの言葉なのですが、
「私たちは無力じゃない、微力なの。微力も集まれば大きな力になるわ」
そんなふうに思って。

posted by リイコ at 17:32| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どうぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。